Soy Catalan ~ クライフと、バルサと生きる ~

soycatalan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 03日

東アジア選手権の意義って・・・

東アジア選手権 対中国戦を観ながらブログを書いている。

いつもなら、サッカーの試合を観ながら何かをするなんて
しないんだけど、この試合は観る側にも、そして選手も戦う意義が
見えていないように感じる。。



なんてったって監督の髪様ジーコですら、
大の負けず嫌いのブラジル人ですら、
スタメン総入れ替えなんていう暴挙に出るくらいなのだから、
この大会に臨むモチベーションは上がっていないのだろう。。。

この試合が某民放局のキャッチフレーズ
「絶対に負けられない戦い」だったのなら、スタメン総入れ替えなんて考えもしない。

ただ、今回召集されてチャンスをもらった選手たちはもっと
アピールして欲しかった。

モニ・・・こういうチームを相手に守備のアピールは出来ないから
     しょうがないんだけど、攻撃でアピールしようとして空回りしてる部分があった。

田中達也・・・一番アピールできていると思うけど、守備への意欲、追い込み方法
        にまだまだ課題を感じた。2失点によるプライオリティの変化かもしれないけど。

阿部勇樹・・・FKは鋭さを増しているけど、もう少しクラブでの動きのように
        自分をもっと前面に出して欲しかった。

コンちゃん・・・良い意味でも悪い意味でも若いのにベテランの味が出てる。
         守備では見せ場がかなりあったけど、繋ぎに工夫が欲しかった。。

ハイタワー巻・・・アピールできてるけど、FWはやっぱり結果が命

でもしょうがないと思う。

この大会に臨むモチベーションは明らかに低いから。。

逆に一人だけ、この大会で信頼を取り戻したい選手がいたんだけど・・・

坪井くん、、、
君はこのまま終わってしまうの??
我慢して選んでもらえる今のうちに、、、
そろそろトップフォームを取り戻さないとやばいですよ・・・

そして問題が浮き彫りになっているのが審判のレベル。。

これはやばいでしょ。。
西村くんが披露してくれたことで、協会がもっと真剣に改革に着手してくれる
事を願っています。。

コネだけでSRになってる高山くん、、もう引退してください。。

ただ日本だけじゃなく、、アジア全体もレベルが低い事が分かってしまった。。
[PR]

by cataluna | 2005-08-03 22:41 | My life


<< 僕の生きる道      週末はバルサ一色 >>